消費者金融

消費者金融の歴史

日本における貸金業の歴史は古く、奈良時代にはすでに高利貸しが存在していたことが、記録に残
っています。いつの時代にも、お金が余っている人が、お金に困っている人へ貸すという行為は存
在しています。

現在の消費者金融のような無利息無担保ローンの形態になったのは、昭和30年代の団地金融が発
端だと言われています。

当時は高度経済成長期の真っただ中にあって、団地に住む主婦を相手に小口融資を始めたのが、団
地金融です。

当時の銀行などの金融機関は個人向けローンには乗り気ではなく、あくまでも担保主義に拘り、融
資の相手も企業が中心でした。こういった金融機関の方針が、庶民の金融業者としての消費者金融
の発展に寄与したわけです。

サラリーマン金融

1975年以降、団地金融で味をしめた金融業者が、今後はサラリーマンを相手にしたサラリーマ
ン金融として開業し、全国的に広まっていきました。当時、1975年のサラリーマン金融の融資
残高が約4500億円だったものが、1984年には3兆5000億円と大幅に膨れ上がっていま
す。これほど当時のサラリーマン金融が多くの庶民に利用されていたのです。

しかし、融資残高の増加とともに、支払いが出来なくなる顧客も増え、多くの多重債務者を生み出
したのも事実です。

何しろ当時の金利は今とは比較にならないほどの高金利でしたので、払っても払っても利息が利息
を生んで、二進も三進もいかなくなるのが常でした。

当時はまだ取り立て行為などへの規制がなかったことから、支払いが滞った顧客には過酷な取り立
てを行っていたことで、自殺者が増えたことから大きな社会問題となりました。

0

貸金業規制法が施行

こういた社会問題に呼応すべく、当時の大蔵省(現在の財務省)は、消費者金融に対する規制策を
打ち出したのです。それが1983年に施行された貸金業規制法です。規制内容は以下の通りです。

  • 上限金利を現在の73%から54.75%へ引き下げる。
  • さらに段階的に40%へ引き下げる。
  • 融資額は一業者50万円まで、あるいは年収の10%相当を限度とする。
  • 夜間の取り立て行為の禁止、21時〜8時までの自宅訪問や電報、電話も禁止。

上記の規制法によって、これまでの金利が引き下げられ、さらに過酷な取り立て行為が禁止された
のです。もっとも、金利が引き下げられたといっても、まだ40%の金利水準だったのには驚くこ
とです。

この貸金業規制法によって、消費者金融の営業利益の減少は避けられず、多くの中堅中小の消費者
金融が倒産の憂き目にあいました。

施行前には全国で22万件程度あった金融業者の数が、三年後には5万件程度にまで減ったことが
、当時の金融業者の苦闘をはかり知ることができます。もっとも、貸金業者の数が多すぎたのも要
因の一つで、適当な数に淘汰されたと考えるのが筋かもしれません。